■今年を漢字で表すと | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■餅つき | main | ■元旦は愛犬の散歩から >>

■今年を漢字で表すと  このエントリーを含むはてなブックマーク

過去に学び、将来に備え、今を生きる。

トーマス・マンソン

------------------------------------------------------

毎年恒例で、この1年を漢字一文字で表すということを世の中ではやっていますが、個人的に2008年を一文字で表すとどうなるのかなと、考えてみました。

世間で公表されている漢字は「変」ですよね。

個人的に行き着いた答えは

「休」

この一言に尽きるなと思います。

思えば、2008年2月から休養を始めたわけですが、いろいろな人の支えがあって、この年末を、ある程度、体力的にも精神的にも良い状況で迎えることができています。
本当にありがたいことです。

今までは、立ち止まることをせず、とにかく目の前にあることに、一所懸命に取り組んできましたが、今回、休みをとったことで、常に進み続けている時とは違う気づきや、感情を感じることができ、そして、自分と向き合う時間がとても有意義でした。

当初は、休むということに対して罪悪感を感じていたのですが、ある時に、覚悟をもって休もうと決意し、休むからには、今この瞬間を、好きな事、興味の持てるものだけを選択して生きていこうと思いました。
そして、徹底的に休んで、わがままといわれようが、自分勝手と言われようが、後悔のない休養時間を過ごそうと思いました。
(これは、闘病生活が終わるまで続くことになると思います)
休み始めた当初は、本当に不安と罪悪感でいっぱいで、一日も早く現場に戻ることしか考えられず、余計に苦しい思いをしたこともありました。

それはある意味で孤独を感じることにもなりましたが、一方で、本当に自分にとって大切なものは何かということが取捨選択できた気がします。

休む前を振り返ってみると、常に「〜しなければならない」という、変な義務感や強迫観念が身についてしまっていましたが、いざ休んでみて、今まで参加していたコミュニティに参加しなくなったり、連絡が途絶えたりしてみたりするうちに、「〜しなければならない」と思っていたのは単なる思い込みで、「〜したい」と思える場所に、自分から足を運べばいいんだなと思えるようにもなりました。

今まで積み上げてきたことを無駄にせず、しかし必要のないものはどんどん捨てていくことの大切さも知った気がします。

2008年は、きっと、これからの自分にとって忘れられない1年になるのだろうと思います。
そして、近くにいて支えてくれたたくさんの人たちのことは、絶対に忘れることはないと思うし、それらの人たちに、どういう形になるにせよ、これから恩返しをしていきたいと考えています。

人は一人では生きていけないということ。
ビジネスにしてもプライベートにしても、一人で抱え込むよりは、多くの人の協力を得たほうが、結果的には楽しくなり、そして気持ちよく過ごせるのだということを、心の底から実感した1年でもありました。
また、周りの目を気にせず、できる限りオープンに、そして自分が思う道を進んでいくという勇気を持てた1年でもありました。

2008年は今日で終わり、一区切りつくわけですが、まだまだ闘病生活は続きます。
2008年に学んだこと、感じたことを、2009年にも必ず活かしていきたいと思っています。

そして、今のところの予定としては、2009年の夏頃(秋前)には、闘病生活から復帰し、いよいよリアルニーズのミッション遂行のために、自分の持てる全ての力を発揮していきたいなと考えています。




JUGEMテーマ:つぶやき。

記事URL

comments(0)| trackbacks(1)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 21:12

comment









trackback
url:http://blog.realneeds.jp/trackback/598
強迫性障害の治療法について, 2009/01/02 9:53 PM

強迫性障害の治療法について詳しく載せてます。