■マグロ船から学ぶ大事な知恵 | 飛行機が好きな美濃焼エバンジェリストのBlog
Creative Commons License
本ブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
プロフィール

岐阜県出身。東京都在住。

ホンモノがホンモノとして伝わり続けるためのインフラを作りたいという思いを実現する事業を行いたいと考えている。(社名:リアルニーズ)

IT業界に身を置き、営業、SE、マーケティングを経験し、「技術のわかる営業」が自身の強みであり、プロジェクトマネジメントを強みとしている。
キャリアアンカーのタイプは幹事職人タイプ。

F1ファンでもあるので、いつかはF1GP全戦観戦を夢見ている。
また、飛行機がとっても好きで、ライセンスを取りたいと本気で思っている。

日本初の美濃焼エバンジェリストでもあり、岐阜県の地場産業である美濃焼を世界に広めるための活動も行っている。

ラム酒とシガーも大好き。


<お気に入りのキーワード>
JAZZ・F1・アメフト・飛行機・パイロット・コーヒー・焼酎・ラム酒・シガー・小曽根真・あぶない刑事・ドライブ・ツーリング・写真・人と話すこと・いろんな景色をみること・スキー

<好きな場所>
カフェ/川/ゲレンデ/空港/首都高/田舎/コックピット/BarLamp

recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
株式投資に限らず、あらゆる面で本質的な事に気づかせてくれる本です。素晴らしい良書です。
recommend
recommend
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
この本を読むと、社会人1年目を思い出します。
この本は、ベストBooksの1冊です。
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
過去の記事
カテゴリ一覧
最新記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

■METAR
RJCC RJSS RJTT RJAA RJGG RJOO RJBB RJOA RJFF ROAH 


<< ■「正しく決める力」読了 | main | ■ThinkpadとMicrosoftマウスの相性(やっと解決) >>

■マグロ船から学ぶ大事な知恵  このエントリーを含むはてなブックマーク

CLAのメンバーでもあり、ファシリテーターや会議コンサルタントなどもされている、齊藤正明さん(リンク)が
「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船から学んだ」
というタイトルの本を出版されました。
(ネタバレありますので、この先読まれる方は注意してください)



前々から、元バドワイザージャパン社長の近藤さんに、「船から学べることはとても多い」と伺っていたことと本のタイトルがリンクし、すかさず購入。早速読了しました。

人生の中で、マグロ船に乗るという経験ができる人はとても少ないと思いますが、そんな貴重な経験から学べたことを、斎藤さんが読みやすいテンポで本にまとめられています。

本の中で、オーナーさんや船長さん、漁師さんの話がたくさんでてくるのですが、出てくるどの言葉も一言一言がとても重く感じます。

それはまさに、「命をかけて」「リアリティを持って」漁をされ、海という自然と対峙されているからこその言葉だと思います。

本を読んでいて、どの世界でも、リーダーの素質や人間力というのは共通しているんだなと思いました。

また、人付き合いやコミュニケーションの取り方におけるポイントや、セルフコントロールの仕方なども随所に書かれており、とても学びが多かったです。

【以下、特に心に残った言葉(青字)と観想】

「自分のわりぃところばかり見るやつぁ他人に対しても悪いところばかりみる」
最近これをよく感じます。
以前の僕は、特に上司に対して、減点ポイントだけをみている傾向があって、そのくせ自分には甘いという事が多々ありました。。。
今となっては反省するばかりです。


「基本を忠実に守ることが大事」
すぐに新しいことに飛びついたりせず、忠実に基本を繰り返す。
何かあったらすぐに原点に戻る。
これはMacさんがよく言われていることですが、
「軸をきちんと見定めておかないと、何か意志決定をする際に、その軸からどれだけブレているるのかを判断しにくくなる」ということに似ているなと思います。
軸=基本なのかなと。


「目の前のことに一生懸命取り組めば、次へのステップアップとなる」
転職などの動機で入社したての新人が「今の仕事がつまらない」といって、数ヶ月間しか勤めず会社を辞めていくとよく聞きます。
でも、僕の経験からしても、たとえば「資料のホッチキス止め」を誰よりも一生懸命、速く、効率よくこなせる新人のほうがその後の伸びしろは大きい気がします。
そういう新人なら、この前あの仕事をきちんとこなしてくれたから、今度はもっと責任ある仕事を任せようと思えますよね。


「「将来どんな風になりたいか?」ちゅー理想を大体でもええから持っちょらんと頭の中は「なりたいものだらけ」になりめーが」
これ、グサっと刺さりました。
まさに僕もそうなんですよね。今は少しはマシになりましたが、すごい結果を出されている人、人間力が素晴らしい人などに出会うたびに「あんな風になりたい」とばかり思っていて、結局どんな自分になりたいのかという軸をいつも忘れてしまうのです。
自分軸をちゃんと持たないと!と、あらためて思いました。


「自分の中に計器はもっちょるか?」
すごく共感できた言葉です。
計器=判断基準だと思います。
自分で自分をコントロールするための計器をきちんともっておくこと。
そして、正常に動作する計器を持っておくことが大切なんだなと思います。
壊れた計器を持っていたら、とんでもない方向に行ってしまったり、最悪「死」を招くことにもつながりかねません。
僕は飛行機やF1が大好きなので、この言葉は特に共感できた気がします。
計器は、「今の自分の位置を知る」「これから向かうべき方向を知る」
「自分への負荷状況を確認する」というように、目的別に必要最低限、持っておくべき計器は、きちんと自分の中に持っておきたいと思います。


「飛行機や船でのうっかりは、すぐ全員の死につながる」
まさにリアリティですよね。
死と隣り合わせの中で生活しているからこそ、より深いリアリティを感じることができるのだと思います。
僕は普段の生活で死を意識することは滅多にありませんが、「コミットメント」するという観点からも、リアリティを持って生きていきたいと思います。


会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
齊藤 正明 毎日コミュニケーションズ 売り上げランキング: 181




JUGEMテーマ:本の紹介


記事URL

comments(0)| trackbacks(0)| このエントリーを含むはてなブックマーク

美濃焼エバンジェリスト  at 12:01

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。